シン・ゴジラ感想メモ/核心部分注意

f:id:kbysmsy:20160731170434j:plain

深夜3時のTOHOシネマズ新宿

 

ネタバレまみれにつき要注意です。

 

シンプルだった初代ゴジラから、煩雑化してしまった設定を一度リセットし、新劇場版ヱヴァと同じく庵野秀明の手によってリビルドされたゴジラ

 

庵野映像だという感想が多かったけど、今回は正攻法で作られていて、キューティーハニーラブ&ポップ式日のような実験的な要素やアート性は息を潜め、立派な大作日本映画というカットもある。が、これまでの実写作品で使用していたDVカメラの代わりに iPhone6sのカメラをテクニカルに多用していたりしてやはりあの庵野作品だと安心してみることができます。特に庵野節が炸裂しまくっている、斬新的な臨場感のある緻密に計算されたアングル・カットが断続的に畳み掛ける120分は最高に気持ちが良かったです。それらは結果として全く新しい解釈の新機軸ゴジラ映画になっています。

 

特撮博物館で上映され、ヱヴァQでは同時上映された巨神兵東京に現る、あれは今になってみればパイロットフィルム予告編ということになるんだと思う。

冒頭では巨神兵東京に現るのような風味も感じつつ、ゴジラの初上陸時のビジュアルの衝撃からさらに先へ行く。

主題として、現代日本にゴジラが現れたらどうなるか?というファンタジー要素はゴジラ以外皆無なシュミレーション映画だが、庵野秀明原案、前田真宏デザインの使徒然としたギミックや挙動のゴジラが同時に現代日本に使徒が現れたらどうなるか?も兼ね備えているような、まさに庵野作品、実質エヴァみたいなかんじで、実写版エヴァンゲリオンも同時に成し遂げてしまったんじゃないかとさえ思います。

(たぶん、群衆デモのシーンで、ゴジラは使徒です!みたいなことを叫んでいたはずだと思う。)

 

そして一つ、確かに当初嫌な予感としてあったのが、ついに庵野秀明が政治的思想を出してきてしまうのではないかという部分だったけど、いい意味でも悪い意味でもその辺はぼかしている感じで、監督の政治的思想はほとんど皆無だったと思う。

Twitterでは、この映画をプロパガンダと言ってる人”がいる”というツイートを時々見かけるけど、実際にエゴサしてもあるっちゃあるけど極少数なので、いちいちそれに突っかかってる人もどうかと思う。

 

だが、 3.11を彷彿とさせるシーンはもはやテーマといってもいいくらいに全体に蔓延していて、ゴジラという虚構の天災が現実の自然災害とリンクし、本当に現実のものと錯覚してしまうくらいの恐怖感だった。

 

なにはともあれ、今迄自分は実写庵野作品では式日が一番好きな作品だったが、それを楽々凌駕ほどの最高傑作でした。

 

ゴジラが無限増殖を繰り返すこのままじゃやべえ、みたいなシーンがあったけど、あれってエヴァQみたいにラストシーンにあるインフィニティみたいな巨神兵っぽいやつが大量に増殖するってこと?

それともインフィニティだからラストシーンは博士が人から作り出した物を意味してるのか、または続編があるということなのか、巨神兵東京に現ると繋がっているのか、シンエヴァと繋げる気なのかはわからないが、意味深だった。

俺が理解してないだけかもしれないけど。

その辺は誰かの推察的なのをを楽しみに待ってます。 

トピック「シン・ゴジラ」について